水野ケアプランセンターの基本方針

当事業所は、法人理念の「その人らしさの実現」に向けて、ご利用者様の意思及び人格を尊重し、可能な限りその居宅において、有する能力に応じて自立した日常生活を営むことが出来るよう支援します。

その支援に当たっては、家族や地域との連帯及び医療、市、介護保険施設等との連携のもとに、公正中立な立場で、ご利用者様に必要な保健医療サービス及び福祉サービスを多様な事業または施設から、総合的且つ効率的に提供されるよう支援します。

また、当法人(または緑泉館)がまちづくりの拠点となるよう努めるとともに、安心して暮らせるまちづくりを目指し、地域住民とともに地域が活性化するような取り組みを進めていきます。

管理者からのご挨拶

ケアマネージャーは、その方が生きてきた暮らしを大切にし、住み慣れた地域及びサービス付き高齢者向け住宅「ほたるの郷」での生活を続けていけるように、利用者の皆様の立場にたって介護のご相談をお受けしています。

ご利用者様ご本人とご家族の要望に合わせてケアプランを作成し、サービス事業所のコーディネイト・介護相談に至るまで、幅広く支援させていただきます。

医療法人緑泉会は、デイケア、ヘルパーステーション、グループホームも併設していますので、気軽にご相談下さい。

各人にあったケアプランを作成します。

ご相談からケアプラン作成までの流れ

申請介護保険の被保険者で介護を必要とする方は市町村に要介護認定の申請を行ない、要介護認定を得ることによって給付を受けることができます。
次に
訪問調査 申請後に、市町村より調査員が申請者宅を訪問し、ご本人とご家族に面談を行ないます。 そして、かかりつけの医師に市町村より依頼し、主治医の意見書を記載してもらいます。
次に
認定主治医意見書と訪問調査の結果をもとに認定審査会が申請者の要介護度を認定します。
要介護度認定の有効期間は原則として6ヶ月です。
次に
状態の把握 重要事項の説明を受け契約を済ませた上で、ケアマネジャーがご利用者・ご家族と面談し、抱えている問題や解決すべき課題などを把握し、ご本人や家族と介護や生活について相談します。
次に
ケアプラン作成ケアマネジャーが、ご利用者の状態、希望、利用料などを踏まえ、ケアプランを作成します。(ケアプランの作成費用は全額が介護保険から支払われます)
次に
サービス担当者会議ケアマネジャーは、ケアプランにしたがって、各種の介護サービス事業者と話し合いをもち、サービス提供の内容について詳しい相談を行います。
次に
介護サービスの開始各介護サービス事業者の間で契約を交わしていただき、要介護度に応じたサービスを利用できます。
次に
モニタリング実施月1回は自宅を訪問し、ご本人及びご家族と面談し、サービスや計画が適切であるか確認します。
  • お問い合わせ・資料請求
  • お問い合わせ電話番号:0749-55-4110

ページトップへ戻る

Copyright(c) 医療法人緑泉会. All Rights Reserved.